--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2017

05.09

2017年ここまで

ゴールデンウィークも終わりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。
私は例年ゴールデンウィークはお休みではないので、通常通りの毎日でした。

さて、こんなに記事のアップに間が開いてしまったのは久しぶりなのですが、前回と違って特に何かあったわけではないんです、自分に限って言うと。
というか、自分にもいろいろあったのだけど、環境が変化してしまう、とかメンタルがやられてしまう、ということがあったわけではなかったんです。

いろいろありすぎて、もはや忘れていることもあるし、時系列もあやふやになってきていますが、書き出してみます。

 ...READ MORE?
スポンサーサイト

日記
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

12.28

ホップ、天使に

12月の初めのことなのですが、ホップ、天使になりました。

その数日前から少しまた苦しいのか、鼻がとがってきてる?!と思っていたのですが、まだまだ元気だったのですが、死んでしまった日は朝から様子がおかしい感じで、夜中には死んでしまいました。
この日はたまたま両親が仕事で留守にするので、ホップの看病で実家に来ていたので、本当に良かったです。
いよいよ危なそうと思ったのが夜だったので、家にいたのでは間に合わなかったと思います。
朝から最後まで、ずっとそばにいてあげられました。
夜にはなんとか両親も帰ってきて、みんなで見送ることができて、ホップはちゃんとわかってたのかな~と思います。
ただ、急変だったのと平日だったので、最後にもう一度会いに行く、と言っていた彼氏だけ会えなかったのが、残念でした。

ホップは9歳だったので、本当に私の人生の転機の時もずっと一緒で、本当に思い出がたくさんあります。
ありすぎて、とても言葉にはうまく表せない感じです。
ホップ、本当にありがとうね。
moblog_f585a84b.png

彼氏はホップに最後のほうは何度も会いに来てくれていたのですが、そこで、すっかりうに以外のうさぎのかわいさに取りつかれて、ネザーランドドワーフを将来飼いたくなったみたいです。笑 (今は賃貸だし、多頭飼いは難しいので、うに溺愛中)
うさぎは鳴かない分表現方法が意外と豊富で、飼ってみると本当にかわいくて仕方なくなるんですよね~。不思議な動物です。

未分類
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

11.25

ホップ、危うく天使になりかける

9月の終わりに、実家に泊まり、帰ろうと思った日に、ホップの様子がおかしくなりました。
その日は朝からなんとなくホップ、元気ない?と思いつつ、ずっと気にしていたのですが、夜頃に息が明らかに苦しそうになり、鼻の下のいつもは閉じているところまで開いて、鼻の穴全開になってしまいました。
この頃には餌を入れても食べなくなってしまっていて、下を向くと苦しいらしく、ずっと少し上を向いたまま。
触ると辛そうだし、どうしていいかわからず、夜だったのですがかかりつけ医に電話してしまいました。
ホップの様子を留守電に入れておいたら、先生が折り返し電話をくれて、すぐ見てくれることになりました。
この時はまだ、とても具合悪そう、というくらいの気持ちだったんです。

それで、連れて行ったら、先生も明らかに苦しそうなので、いろいろ診てくれて、レントゲンを撮ってくれることに。
レントゲンが現像されたら、なんと、何か胸のあたりに大きなもの、腫瘍のようなものがあり、それにより気管が押しつぶされてしまっていて、そのせいで苦しくなってしまっている。という説明を受けます。
受けているうちに、あれ?もしかして、もしかしてしまう?と思い始め、聞いてみたら、なんと、心の準備をしておいてください。という衝撃的なことを言われ、思いがけず泣いてしまう私と母。
その日は、抗生物質、ステロイド、血管拡張剤の注射をしてもらい帰宅。
おいおい泣きながら彼氏に電話したら、ちゃんと看病せい、と言われ、実家でしっかり看病することに。

この日は、本当にやばくて、もうだめかもうだめかと思いながら朝を迎えることに。ずっと毛布にくるんで抱いていました。
翌日も休診にもかかわらず診ていただけることになっていたのでまた注射をしてもらいました。
その後は母と交代制にして、ずっと看病していました。
実家と住まいと行き来していたのですが、彼氏も間、二回くらいホップに会いに来てくれたりと、この頃は心の準備がかなり進んできました。

結果、ホップ、頑張ってくれて、その後、週一の診療に。
しばらくしてまたレントゲンを撮ってくれたところ、なんと、腫瘍だと思われていた大きな影が大幅に縮小!
まず抗生物質がなくなり、次にステロイドがなくなりました。
現在の診断としては、危なくなってしまった当日はおそらく、肺水腫になっており、原因はたぶん心臓肥大だったとのことです。(抗生物質ですぐに治らなかった、ステロイドをやめてみても悪化しない、などなどいろいろなことから判断してくださったようです。本当に感謝。)
なので、血管拡張剤だけになりました。
現在は二週間に一度になって、ホップもずいぶん元気になっています。
moblog_77f731fa.png
例により、うさぎのお薬はあま~くなっているので、毎晩催促してきます。

moblog_1da7bb35.png
お口の周りが汚れるのを極端に嫌うので、いつもお薬を飲み終わるとぺろぺろきれいにしているのですが、その写真を撮っていたら、途中でこんなに変な顔になっているようです。笑
moblog_e66176fb.png
ずっと看病して、もしかしたらあと数日かも、とふんだんに甘やかしていたら、えらい甘えるようになってしまい、これも母が仕事中に足元にいる写真。
この後、なでろと母の足を掘ったりしていましたが、思うように撫でてもらえず、私にターゲット変更していました。
年も9歳だし、すでに長生きしてくれているのですが、もう少し一緒にいてくれそうです。ありがとう

うさぎ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

10.27

アシェットのクロスステッチ

moblog_c466546e.jpg
モチーフ類刺し終わりました。
雑誌の順番的には、まだ麺棒は刺さないのですが、同じ系統は刺してしまいたかったので、この順番で。

現在はこの下にトマトを指して、一番上の棚板を刺したのですが、棚板を刺す作業があまりに単調すぎてそこで止まっています。
このデザインは初心者向けということもあり、色もあまり多くないので、棚板も二色のみ。
どうしてもひたすら刺していく感が強く、めげています。
色が多くて色変えが多いほうが逆に刺しやすいのかもしれないと、新たな発見でした。
現在は、一応丸のフープをやめて四角い枠にしたので、棚板部分は枠を付け替えずにさせるようにはなっていますが、それでもなかなか取り掛かれず。。。(´・_・`)

現在ほかにやってるのは編み物とタティングレース。

タティングレースは本当に奥が深すぎて、まだ入り口で立ち止まっています。
リングを編んだ時にあきがちな隙間がどうしてもなかなか改善できません。
moblog_0307fe83.png
この写真は以前に撮ったやつですが、基本この2冊で練習しています。
一応、糸足しは成功する場合の方が増えました。
編み物はお花とかを編んで遊んでいます。

クロスステッチはこのアシェットのものだけで、あとはなかなか進まないタペストリーをやっています。
どう考えても糸が足りなくなりそうで、思案中。

クロスステッチ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

10.25

道半ばアレルギー対策② アレルギーのせいだったんだ!編

先日、アレルギー対策の記事をアップしたので、今回は、アレルギーがない日が増えて分かったアレルギーのせいだった不調編。
かなりの症状があるので、長いです。


 ...READ MORE?

健康
トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOPBack
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。