2017

11.20

お久しぶりうに

うにくんは現在8歳半。
みるるのことを思うと、まだまだ大丈夫かな?と思いつつ、すっかりおじいになってきました。

去勢手術をしているのに、なぜかたまに我を忘れてしまいますが、それ以外はずいぶんまったりとしてきました。

うにくんは相変わらず前歯が一本しかなく、コードをかじれないので、基本、クッションフロアのダイニングに出しっぱなしとなりました。
ただ、思いもかけないところに歯が引っかかってしまうことがあるので、外出時と就寝時はケージに戻します。
前ほどダッシュをしなくなっているけど、歩くと、突然どこからともなくてこてこ走ってきて、撫でてほしそうに足元に寄ってきます。

。。。かわいい。。。

moblog_b922c8bd.jpg

ひとしきり遊んだり、ケージに戻ってわらを食べたりすると、だいたい机の下のこの位置でのんびりしています。
スポンサーサイト

うさぎ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2017

10.24

アシェットのクロスステッチのサンプラー完成

moblog_d57b41e3.jpg
ようやく完成。

周りのボーダーが付いたらずいぶんしまりました。
それでも、普段やっているものよりも目が大きいせいか、デザインが平面的なせいか、最後までそこまで愛着がわかなかった。
残念。

なので、これは額には入れないかなぁ、という感じです。

アシェットのクロスステッチ、この後のサンプラーは刺す予定はないのですが、かぎ針編み同様、号数が延長されています。
最後まできっちり揃えたいと思ってしまう私は、そのままずるずると購読しています。

クロスステッチ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2017

10.12

映画リスト

ああ~忘備録にしようとしているのに、時間が経ってしまいました。
覚えていないものも増えました。

まず、映画館。
エイリアンコヴェナント。
これは連れられて行ったので、エイリアンシリーズを日曜洋画劇場で見ているくらいの私には、そこまで話がつながらず。
SHAMEのマイケル・ファスベンダー出てました。
彼の感じとアンドロイドの感じ、合いますね。
前回にスターウォーズを見たときにも思ったのですが、宇宙、今や飛行機恐怖症の私にとって、最近の宇宙が出てくる映画は、大きいスクリーンで見ていると、普通に不安な気持ちになってしまいます。
宇宙怖い。

アウトレージ最終章
私もかなり好きなんだけど、彼氏が相当好きで、待ち望んでいたので公開された週に見てきました!
日曜のラストの回で見たのですが、それでもほぼ満席でした。
そして、ほかの映画に比べて、時間が遅いとはいえ、年齢層が高めでした。
アウトレージは、いわゆる自分からは現実離れした、洋画のバイオレンスが好きな私でもはまるし、邦画とか極道系が好きな人でもはまる、まさに重なり合う部分が少ない円と円のその小さく重なった部分で、最大限にエンターテインメントを詰め込んだ映画なのではないかと思います。
最終章は、グロ系が苦手な人にはありがたい、痛々しい場面がなくなっているので、ここら辺はそういうリアル感を求める人だと、ちょっと大衆化した、と感じるかもしれません。
言われてみたらそうだったかも、という程度だったのですが、私は痛々しい場面では目をそらしていたので、今回の作りの方が楽しかったのですが、彼氏はそういう場面がなくなったことにすぐ気が付いていたみたいでした。
内容については、もう多くの人が感想とか書いているし、人間関係なんかは詳しく書いているところがあるので、割愛いたしますが、たぶん、見たら一度衝撃を受けるけれど(個人的には俳優たちの最近の情報を知らずに見てしまったのでとてもびっくりした)、最終章らしい映画だったと思います。

以下は完全な忘備録の映画リスト。
 ...READ MORE?

映画
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2017

08.24

久しぶりにクロスステッチ完成品アップ

最近は編み物とかタティングレースもやっているので、ペースは落ちていますが、クロスステッチは変わらずやっています。
しかし、そもそも今はやりの写真アップ系SNSをやっていないし、写真を撮る、という行動が面倒になっていて、完成しても写真を撮っていないものが多いのです。
でも、雑誌のおまけなどではなく、久々にキットを完成させたので、アップ用に写真撮りました♪

moblog_31525451.jpg
(maia/Fuji from Kishou Nishiizu )
富士山のデザインと桜が気にってしまい、見つけた時にすぐ買っていたもの。
実家と家とで持ち歩いていたため、キットが入っていたケースを紛失。。。

富嶽三十六景じゃないし、左下に作者の落款らしきデザインもあるし、調べてみたら、川瀬 巴水、という風景版画家の作品がもととなったキットでした。
聞きなれない"Kishou"は木負、という西伊豆の地名でした。
原作のタイトルは「西伊豆木負」というようなので、ぜひ検索してみてください。
原作はもっと富士山のラインが繊細で、冬と春の入り混じる淡い空気感がとても素敵です。

せっかくなので、額に入れました。
いつも使うようなパステル系が全然しっくりせず、マウントの色をとても悩んだのですが、日本的なデザインということで、日本的な赤にしてみたら、とてもすっきりとまとまりました♪

moblog_19818316.jpg
来年の春に実家に飾る予定です。

さてさて、次は何をさそうかなぁ。
うさぎのクロスステッチキットがどんどん増えているので、その中から探そうかなヽ( ´_`)丿

クロスステッチ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2017

07.23

タティングレース糸始末


今日は朝から久しぶりに時間があり、ひたすらタティングレースの練習をしていました。

いろいろ作っていて、気がついたんです。タティングレースは、始めに糸が移せない、とか、リングの最後の繋ぎかたがわからない、などと小山が続きますが(それぞれつまずきました)結局のところ、糸の始末(これが糸継ぎにも繋がってくる気がします)に最大の課題があるんじゃないかということに。

やりはじめはあまりにも暗中模索過ぎてビデオとかブログ記事読んでもさっぱり分からなかったのですが、昨日の夜にビデオとかブログ記事を片っ端から見て、ようやく糸始末のみなさんの色々な方法を理解しました。
さすが本家、という感じで、アイルランドの方があげているビデオとか記事もすごく参考になりました。

朝から色々試した結果、リングはリングに、ブリッジはブリッジに始末してしまうやり方が今のところ一番やりやすいか?という感じです。

奥が深すぎる。
その点、間口が狭くて、そのうえ奥が深すぎる、いまだ上達の遅いビリヤードに似ている。。。

クラフト
トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOPBack