2016

11.25

ホップ、危うく天使になりかける

9月の終わりに、実家に泊まり、帰ろうと思った日に、ホップの様子がおかしくなりました。
その日は朝からなんとなくホップ、元気ない?と思いつつ、ずっと気にしていたのですが、夜頃に息が明らかに苦しそうになり、鼻の下のいつもは閉じているところまで開いて、鼻の穴全開になってしまいました。
この頃には餌を入れても食べなくなってしまっていて、下を向くと苦しいらしく、ずっと少し上を向いたまま。
触ると辛そうだし、どうしていいかわからず、夜だったのですがかかりつけ医に電話してしまいました。
ホップの様子を留守電に入れておいたら、先生が折り返し電話をくれて、すぐ見てくれることになりました。
この時はまだ、とても具合悪そう、というくらいの気持ちだったんです。

それで、連れて行ったら、先生も明らかに苦しそうなので、いろいろ診てくれて、レントゲンを撮ってくれることに。
レントゲンが現像されたら、なんと、何か胸のあたりに大きなもの、腫瘍のようなものがあり、それにより気管が押しつぶされてしまっていて、そのせいで苦しくなってしまっている。という説明を受けます。
受けているうちに、あれ?もしかして、もしかしてしまう?と思い始め、聞いてみたら、なんと、心の準備をしておいてください。という衝撃的なことを言われ、思いがけず泣いてしまう私と母。
その日は、抗生物質、ステロイド、血管拡張剤の注射をしてもらい帰宅。
おいおい泣きながら彼氏に電話したら、ちゃんと看病せい、と言われ、実家でしっかり看病することに。

この日は、本当にやばくて、もうだめかもうだめかと思いながら朝を迎えることに。ずっと毛布にくるんで抱いていました。
翌日も休診にもかかわらず診ていただけることになっていたのでまた注射をしてもらいました。
その後は母と交代制にして、ずっと看病していました。
実家と住まいと行き来していたのですが、彼氏も間、二回くらいホップに会いに来てくれたりと、この頃は心の準備がかなり進んできました。

結果、ホップ、頑張ってくれて、その後、週一の診療に。
しばらくしてまたレントゲンを撮ってくれたところ、なんと、腫瘍だと思われていた大きな影が大幅に縮小!
まず抗生物質がなくなり、次にステロイドがなくなりました。
現在の診断としては、危なくなってしまった当日はおそらく、肺水腫になっており、原因はたぶん心臓肥大だったとのことです。(抗生物質ですぐに治らなかった、ステロイドをやめてみても悪化しない、などなどいろいろなことから判断してくださったようです。本当に感謝。)
なので、血管拡張剤だけになりました。
現在は二週間に一度になって、ホップもずいぶん元気になっています。
moblog_77f731fa.png
例により、うさぎのお薬はあま~くなっているので、毎晩催促してきます。

moblog_1da7bb35.png
お口の周りが汚れるのを極端に嫌うので、いつもお薬を飲み終わるとぺろぺろきれいにしているのですが、その写真を撮っていたら、途中でこんなに変な顔になっているようです。笑
moblog_e66176fb.png
ずっと看病して、もしかしたらあと数日かも、とふんだんに甘やかしていたら、えらい甘えるようになってしまい、これも母が仕事中に足元にいる写真。
この後、なでろと母の足を掘ったりしていましたが、思うように撫でてもらえず、私にターゲット変更していました。
年も9歳だし、すでに長生きしてくれているのですが、もう少し一緒にいてくれそうです。ありがとう
スポンサーサイト

うさぎ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2016

03.23

うさぎたち~(ごまっちだけ写真がなかった)

年始はいろいろと実家に行くことが多かったので、実家のうさぎとよく戯れていました。

moblog_761a9275.png
ホップちゃんは、二階の方が日が当たって腰にも優しいので、二階にお引越し。
なので、現在、実家のうさぎはみんな二階にいます。
珍しくエサ入れ(といってもスープカップ)の取っ手にあごを乗せて熟睡中。
ほとんどの時間人がいるお部屋にいるので、かまってほしい時は静かに凝視して猛烈アピールしてきます。
忙しくてかまってもらえないとこのエサ入れを振り回して音出してます。

moblog_59b98f91.png
うずらはケージに入れるようにしておけば、一人で遊んで、ケージに戻ってトイレしてわら食べて、また外出てきて、とかなりお利口さんです。
ハウス、を覚えているので、寝るときにはハウスといえばぴょーんとケージに戻る賢さ。
この白い机があると、この下を拠点にするみたいです。
はじめはこんなかんじで机の下で伸びているんだけど、
moblog_14b9ccae.png
気が付くと徐々に移動している。笑
かなり長いこと遊ばないと撫でさせてくれないし、いまだにだっこも嫌いなんだけど、ずっと後をついてきたり、実はかなり甘えん坊なんですよね~。

で、ごまっちは、おなかが弱い!
実家にいる間もおなかがかちかちになってしまい、慌てて病院連れて行ったり、マッサージしたりということがありました。
かなり気を付けていないと、すぐ●が出なくなってしまうんですよね。
そして、数羽飼ってきて初めてですが、トイレを覚えられなかった!
覚えられないというか、決まったところでするという認識がないみたいです。
そこに来て体が白いという。。。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ
おなかが弱いし、掃除が頻繁なので、一番手がかかるかもしれない。。。
と、ごまっちは手がかかるほうが先で、写真がなかった。。。

で、相変わらず実家にいると、うにを甘やかし放題の同居人により、うには放し飼いにされているので、写真が送られてきます。
moblog_ccaf8465.png
最近確信したのですが、うには人間の性別がわかるらしく、女のひと(自分含む)の周りにずっといると興奮してきておしっこを飛ばすんです。。。ずかずか足を踏みながら8の字走りしながら。
それが、同居人とか父だと、むーむー喜んではいるんだけど、そもそも8の字走りをしないし、出しっぱなしでもちびらないらしいです。
うにめ。外に出しっぱなしで私も触れ合いたいのに、出すと以上に興奮してぴっぴちびるので、私だけの時は出せません。

うさぎ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2015

12.08

ホップくん、老いる( ;∀;)

ホップは小さい時から追いかけっこが好きだったり、ダッシュ良くしたり、ジャンプも誰より高く飛んだりしていました。
追いかけっこは、先にだーっと走って行って、追いかけると来るのを確認してまた走る、ということをよくしていました。
思い返せば、みるるが目がほとんど見えなくてよぼよぼ走っていた時に、横から体を当てていて、遊んでるのかな~、なんてのんきに見ていたらよぼよぼみるるが通り過ぎるのを待って、後ろからおしりに噛みついたなんてこともありました。
頭もうさぎとは思えないほどよくて、前に書いた待てもするし、かわいいしぐさを絶対わかってるというタイミングでして、やってほしいこともやってほしい時にやってもらっています。

そんなホップももう8歳。年齢的にはおじいちゃんになってきているとわかっているんだけど、小さい時のイメージが強くて、確かに最近前みたいに走らないけど、あんまり年だとは思っていなかったんです。いや、わかっていたんだけど、なんとなくそう思いたくないというか。

 ...READ MORE?

うさぎ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2015

10.03

うさぎたち

上にも下にも広告が出ていました。お久しぶりです。
またしても、これといって何も特別なことはないのに、アップする時間がうまく作れていない私です。
見た映画が増えていったので、そろそろアップしないと忘れてしまいそう。

今日は久しぶりに実家のうさぎも合わせて4羽の写真をアップロード!(スマホのSDカードは写真が救出できず、なくなってしまいました。みなさま、本当にバックアップをお忘れなく)


ごまっちのおしり。
ごまっちは本当にお腹が弱く、先日も実家に泊まっているときにお腹が痛くなってしまったらしく、とても元気がなくなってしまい、夜通し看病しました。
人一倍食欲があるのに、少しでも水気のある野菜を上げるとお腹を壊します。



実家に泊まっているときに送られてきた写真なのですが、あまりに汚くて周りはカットしてあるのですが、私の洋服を思う存分掘りまくって散らかした後のドヤ顔らしいです。
和室に布団がひいてあるのですが、布団に乗るとほりまくって絶対ちびるので、和室には入らないようにしているのですが、同居人はうにに甘々なので、よく和室に入っちゃってちびっちゃったんだよね~と電話かかってきます。



まてを覚えたり、なでると嬉しくてきゅっきゅと鳴くホップなんですが、先日新たな面白いこと発見。
ホップのケージはリビングに置いてあるのですが、夜に父がリビングのテーブルで新聞を読んでいると、ケージの中のおうちに乗って、鼻を突きだしてじ~~~~~っと父を見て撫でるように催促するのですが、それで新聞に乗せて撫でていると、どうしてもこんな形になってしまうらしいです。ホップの干物。(笑)
見せてもらったら初めは頑張ってスリッパ型なんですが、片方ずつ足がぴょこっと出てきちゃうんです。何度やっても。かわいい。




野生児うずら。うずららしく猛烈ダッシュの写真です。
出ているときはぴょぴょんはねて猛烈ダッシュして、本当に楽しそうです。
うずらは名前とこらを認識するのですが、ハウスを認識しているんですよね~。ダッシュしててもハウス!と母が言うと(他の人だとやらない)おうちにジャンプで入ります。
うずらは本当にびっくり屋なんだけど、本来は超甘えっこらしく、母が忙しくしていてあまりかまえないと、夜にしょんぼりして名前呼んでも無視するようです。(笑)

と、相変わらず個性豊かなうさぎたちです。

うさぎ
トラックバック(0)  コメント(0) 

    2015

08.22

エポック社のがちゃがちゃ もちうさ

先日、出先で目に飛び込んできて、ついついあった小銭全部費やしてやってしまったがちゃがちゃ。

IMG_0269.jpg
色違いはそろわなかったものの、種類は全部出ました♪

IMG_0272.jpg

IMG_0271.jpg

IMG_0270.jpg
これ、よく見たら、ピンクのうさちゃんの方にうずらの毛が一本付いてました。(笑)

ああ、なんてかわいらしいシリーズなんでしょう~~~~~。
できれば、ネザーランドらしき方はグレーにしてホップちゃんに、片耳が立ってるうさぎはおだんごちゃんに色つけたいな~と思案中です。

うさぎ
トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOPBack