2015

03.14

映画たち

以前より格段にペースが落ちてしまっているものの映画はないと生きていけないのでちびちびとみています。

家でテレビのチャンネル権がゼロなので、先月思いきってポータブルDVDプレイヤー買いました。
映画を小さい画面で見るなんて!と思っていましたが、見られないよりはずっといいです。
寝る前に30分ずつとか見られるようになり、いいです。

感想短めの映画たち。
藁の盾
ちょっと前に見たので、見終わった後のリアルな感想は忘れてしまいましたが、なかなか面白かった。
無法地帯にならないように、くずでも守る必要はあるかな、と。

エクスペンダブルズ3
映画館で見ました。
もう、何も考えず、単純に楽しみました。
私的には、メル・ギブソンの悪役っぷりがよかった。
これは豪華俳優陣ながら、アクションがこぎれいにまとまっていないからか、好きです。

嵐が丘
なぜか突然見たくなって見た珍しい恋愛映画。
本は読んでいたけど、もうほとんど内容を忘れていたので初見状態で楽しみました。
年取ったのかなぁ。純粋な恋愛映画もいいと思えるようになってました。

シン・シティ 復讐の女神
これも映画館で。
見に行くのが2週間くらい遅れたら上映している映画館が猛烈に減ってしまっていた。
映画の作りとかはやっぱり好きだったんだけど、ミホが!誰、このミホ!
デボン青木(撮影時妊娠中だったみたいです)が私的にとても好きだったのに、もうもはやミホという名前では違和感がありすぎる女優さんになっていました。
このせいでB級感が加速していました。
1を見たときにあまりのかわいさに衝撃を受けたジェシカ・アルバも大人になっていました。

籠の中の乙女
いわゆるミニシアター系。
かなり奇抜な設定なんだけど、ああミニシアター系だね。という感想しかない映画でした。
 ...READ MORE?
スポンサーサイト

映画
トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOPBack