2017

07.23

タティングレース糸始末


今日は朝から久しぶりに時間があり、ひたすらタティングレースの練習をしていました。

いろいろ作っていて、気がついたんです。タティングレースは、始めに糸が移せない、とか、リングの最後の繋ぎかたがわからない、などと小山が続きますが(それぞれつまずきました)結局のところ、糸の始末(これが糸継ぎにも繋がってくる気がします)に最大の課題があるんじゃないかということに。

やりはじめはあまりにも暗中模索過ぎてビデオとかブログ記事読んでもさっぱり分からなかったのですが、昨日の夜にビデオとかブログ記事を片っ端から見て、ようやく糸始末のみなさんの色々な方法を理解しました。
さすが本家、という感じで、アイルランドの方があげているビデオとか記事もすごく参考になりました。

朝から色々試した結果、リングはリングに、ブリッジはブリッジに始末してしまうやり方が今のところ一番やりやすいか?という感じです。

奥が深すぎる。
その点、間口が狭くて、そのうえ奥が深すぎる、いまだ上達の遅いビリヤードに似ている。。。
スポンサーサイト

クラフト
トラックバック(0)  コメント(0) 

 |TOP