--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2012

07.19

ジェイソン・ステイサム!

最近は、ジェイソン・ステイサム借りの映画ばかり続いています。

ひとまず、今回は、トランスポーターシリーズとリボルバー。

トランスポーター [DVD]トランスポーター [DVD]
(2009/06/19)
ジェイソン・ステイサム、スー・チー 他

商品詳細を見る
トランスポーター2 [DVD]トランスポーター2 [DVD]
(2009/06/19)
ジェイスン・ステイサム、アンバー・ヴァレッタ 他

商品詳細を見る
トランスポーター3 アンリミテッド [DVD]トランスポーター3 アンリミテッド [DVD]
(2010/10/20)
ジェイスン・ステイサム、ロバート・ネッパー 他

商品詳細を見る
トランスポーターシリーズは、第一に車がセクシーということにやっと気が付いた映画。
私、免許取る前は、車を乗りこなす人になる計画だったのに、技術がなさ過ぎて今やペーパードライバー。
運転できたら、ああいうラインのセクシーな車乗りたかった。

ジェイソンはこのシリーズのうち、2までは、まったく冗談が通じない堅物な感じでちょっと残念。
3でようやっとちょっとイギリス風の嫌味笑いが出てきて、ちょっとだけ満足。

だけど、物足りなさはあるといえ、やっぱりかっこいい。
基本的にリュック・ベッソンの映画の音楽は好き。

リュック・ベッソン風ジェームス・ボンドという感じですよね。
ボンドガールもいるし。

ですが、シリーズ通して、このボンドガール、もとい、トランスポーターガールととにかく私の相性が合わなかった。
2は悪役ガールだったためか、かなり好きだったんです。
赤い靴も素敵だったし。
だけど、1のライは、叫びすぎて途中でいらいら。キャーキャーうるさい。
3のバレンティーナは、もう、なんというか、いらいらしっぱなし。
むっつりしているときの表情がかなり、可愛げがなくて、置いて行ってしまえばいいのに、と思ってしまったほど。
彼女の場合、車の中での音楽の選曲がかなりいらいらさせるものだったし、あえてああいう位置づけで、別に監督も見ている人が好きになるガールを描いたわけではないのだろうなぁ、と思いましたが。

毎回これが減点要素になってしまいました。
そんなわけで、3は一気に幻滅。
あれで終わりだと納得いかないから、続編をぜひ作ってほしい。

そして、リボルバー。
これは、ドンパチ系かと思っていたので、苦手な詐欺系だったので、ちょっとがっかり。
単純に、詐欺系ってわからないんです。最後まで。もしくは、見終わっても。
これはもう見終わっても「?」。
あれは、多重人格と見るべきなのか、カジノ界に存在する何か得体のしれない伝染する何かなのかがわからず。
多重人格としたら、そんなみんな、疑心暗鬼の世界で違う自分ができてしまうのかわからないし、そこがわからないせいでゴールドが誰かも分からず。
ただ、ジョン卿はなんかよかった。トライアッド(たぶん?)にしては、ひょろっちいのだけど、なんかいい。
そして、途中のアニメーションに切り替わるところは相当好きでした。
配役は、もうガイ・リッチー映画ではおなじみの大好きな人たちばかりでした。

ということで、おそらくこれは私がもともと詐欺系がわからないために、ちんぷんかんぷんだっただけで、それ系が好きな人はきっともっと理解できるし、かなり面白い映画なんだろうな、と思いました。

蛇足ですが、この映画を見て、ジェイソンは髪があるとなんというか、セクシーさにさらにセクシーさという感じで、濃すぎるんだな、と実感。

あとジェイソン・ステイサムで残るはアドレナリン2くらいかな?

リボルバー [DVD]リボルバー [DVD]
(2009/11/20)
ジェイソン・ステイサム、レイ・リオッタ 他

商品詳細を見る
スポンサーサイト

映画
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。