2012

09.19

映画館で観た映画。最強の二人とダークナイト

ここ5年くらいで映画館で観たい映画を覚えているくらい、めったに映画館で見ないのですが、このところ続けて2回映画館で見ました。

まず、ダークナイト。
これは、公開前までどうしても見たいと思っていたのに、いつのまにか公開されていて、見に行く頃には3Dはもうやっていなかった。。。

かなりいい評判ばかりを耳にしていたのですが、これは珍しく本当にその通り、素晴らしい映画だと思いました。
バットマンファンも、ダークナイトファンも、どちらも満足するんじゃないかなぁ、と思いました。
ダークナイトでは、一作ごとに内面の成長とか葛藤が抉り出されていて、ゴッサムシティなどもかなりリアルに描かれていて、バットマンなんだけど、単なるヒーローものではない映画だと思います。
もちろん、マイケル・ケインの演技がやっぱり素晴らしかった。

そして!
キャットウーマン。
過剰なコスプレをせず、リアル感を保ちつつ、一目でキャットウーマンとわかるところがこのシリーズらしかった。
とにかく素敵でした。

細部にわたり、いろいろ素晴らしかったです。

長いのだけど、全然そんなこと気にならないくらいの映画でした。(おしりはやっぱり痛くなって座る位置変えたけど)
そして、友達に勧められて見に行った最強の二人。

なかなかいい映画でした。
フランスのユーモアもかなり面白い。
映画館でも結構笑ってました。

もっと泣くかな?と思っていましたが、そうでもなく、心温まる、という感じの映画でした。
実話に基づいているそうなのですが、毎日こうした奇跡的なことがどこかできっと起きているんですよね。
そう思うと、本当に生きてるって素晴らしい。

来月あたりにもまた映画館で何か見る予定です♪
スポンサーサイト

映画
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL