2013

05.12

見た目アメリカのダイナー風ささみチーズフライ



この一皿だけだと、すべてが茶色くてまるでアメリカのダイナーのようです。(笑)
サラダは多めなので、このお皿には乗り切らないため、別のお皿に盛ってありました。

ささみのチーズフライ。
チーズはチェダーにしたのですが(オレンジの方)、フライだとこれくらい味が強くてちょうどいいみたいでした。
フライドポテトは軽くチンして、低温からあげたもの。いわゆるチップスみたいな感じになります。(サクサクになるのではなく、ちょっとしっとりする)

ささみのフライは、ごく普通の作り方で、筋を取って開いて、チーズを挟む。
小麦粉→卵液→パン粉、とつけて揚げる。
チーズが出やすいので、衣はしっかり目につけます。

やっぱりこんなに食べられなかったので、残りは次の日のお昼になりました。
基本、夕飯が残ると、翌日のお昼はちゃんと食べるのだけど、そうじゃないとかなり適当にごまかしてしまっています。
スポンサーサイト

料理
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL