--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2013

08.22

ショートブレッドの型」



頂き物のショートブレッドの型。
この状態でショートブレッドの型とだけ言ってもらったらしいものを私が頂いたので、かなり情報が不足。
でも、使わないでもいいくらいとても素敵な型!ずっと大事にします♪

でも、これはおそらくshort bread mouldでヒットするだろうと思って検索。
そうしたら、画像検索含めたくさん出てきました。
そして、おそらくセラミックのものも木のものも、昔ながらの型はあくまで模様をつけるだけで、いれたまま焼いてはいけないらしいことがわかりました。
そして同時に、いくつか検索結果を読んでいると、この型、入れるのは良くても、きれに取り出すのはなかなか難しいということがわかってきました。
冷やしても張り付いてしまったり、ぼろぼろになっちゃったりで、中には3回挑戦して、それでもうまくいかないなんて言う人も。
やみくもにやらないでよかった。

ということで、いろいろ参考にして、型に小麦粉をはたいて、ショートブレッドの生地を入れたら冷蔵庫で1時間以上冷やす、という方法で試すことに。


こちらが結果。
初めてにしてはまあまあうまくいったかな?

途中の写真を撮り忘れてしまったのですが、やはり周りにナイフを入れてもこの形のままは全く出てこず。
そこで、この8等分になっているところを生かして、4等分にナイフで切ってしまって持ち上げて出してみました。
冷蔵庫でかちかちになっているので、これだと何とか出ました!
割れてしまったところもあるのですが、ショートブレッドはバターがたっぷりなので、そのままパズルのように元の位置に置いて焼けば焼きあがったときにはきちんとくっついています。

小麦粉を多めにはたいたおかげで、逆に模様がきれいに出たような気がします。

分量
小麦粉140グラム ライ麦粉40グラム
バター 120グラム
砂糖 50グラム
塩 ひとつまみ
190度で18分くらい
スポンサーサイト

料理
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。