--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2015

12.16

映画忘備録

もう少しアップしていたつもりでしたが、映画の記事最後にアップしたの5月だった!
これは見たけど忘れている映画がありそう。。。

数が多くなるので、以下に。



ジョンカーター
大ジャンプしかもう記憶に残っていない。
自分がSFが好きではないということを考えても、あまり面白くなかったという印象しかもうない。

宇宙兄弟
なかなか面白いよ、と母に勧められて見ました。
母はいろいろ見ている中で、考えずに単純に楽しめる映画があると勧めてくれるので、そういうのは見るようにしています。
ミニシアター系が続いた後とかだと、娯楽作品として純粋に楽しめる映画見ると、映画の多様性を実感。
というわけで、面白かった!娯楽のツボを押さえている映画でした。

サイレントウォー
最近たまにトニー・レオンの映画を見ています。素敵なんだもん。(笑)
ただ、香港映画だとよく歴史背景の知識が不足しているために、ああ、理解度がたぶん足りていないよな、と思うこともしばしば。
これもやはり歴史背景が足りず、わかる範囲で見た感じでした。
時代に翻弄される人々が描かれていますが、本当に絶対に自分の意思を表現できず、最終的に国家や大きな組織の命令に背かないで生きていくというのは、どういう心情なんだろう、と思いました。
いろいろ思いはしたのですが、何せ知識が足りていないので、考えたことは割愛。

ジョウ・シュンがきりっとしていてとても好き。

大魔術師"X"のダブル・トリック
これも、トニー・レオンとジョウ・シュンが出ている映画。
始めの方、結構シリアスな感じだったのですが、途中でなんか割愛された?というくらい趣が変わって、一気にコメディっぽくなってなんだかおもしろい映画でした。
雷大牛役のラウ・チンワンがなかなかよかったです。
この映画、分類的にはアクション・ロマンスというものらしいです。

96時間 レクイエム
同居人が最強とーちゃんのこの映画が好きで、映画館で見ました。
セガールほどではないにせよ、見る前からある意味安心感のある映画。
やっぱり面白かったです。

ターミネーター:新起動/ジェニシス
これも連れられて映画館で見ました。
ターミネーターシリーズは全部見ているわけではないのでよくわからないのですが、コアなファンとしてはこの映画どうなんでしょう?
あれ?こんなにコメディタッチだったっけ?と思いました。
3Dで見たのですが、結構迫力あるところもあって3Dおすすめ。

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション
これも映画館で見ましたが、見る時期を逃しているうちに3Dは終わっていました。
顔が甘すぎて、トム・クルーズが苦手なのですが、この映画はいつも、悔しいけどすごい面白かった、という感想を抱きます。(笑)
これもやっぱり面白かったです。

家族の庭
ジム・ブロードベントが出ているとなんだか安心してしまうんですよね~。
おしどり夫婦を中心として、とりまく人間の喜怒哀楽とか人生模様を写しだす、という感じです。
メアリー(レスリー・マンヴィル)が年齢的にも不安定な時期に差し掛かっていて、飲みすぎたり失言をしたりととにかく幸せではないんですが、彼女を見ていると自分の気持ちもとても不安定になってきます。
その不安定さがやがて自分の中の不安定さと混じり合って、途中からは自分も幸せではないような気がしてくるほどでした。
いろいろ安定している夫婦に比べると、彼女は年齢的に今から二人のような安定や家庭を手に入れることは難しいと思うし、なにか彼女の中できっかけがあって変わらないと、このまま転落していってしまいそうな危うさのまま見終わった感じでした。

彼女、多分若い時はすごいモテたと思うんです。それで、えり好みしたり、不安定さをぶつけたりしていて、周りが家庭を築いていく中でもまだ余裕があって楽しくやってきていたんだと思うんです。
それで、ふと自分と向き合ってみたらなんだか焦って不幸せ。
私の周りにも、年齢的にアラサー+で少し焦ってきている雰囲気の子もいます。
その子たちって、若い時にかなりモテたんですよね。でかければ声かけられ、飲みに行けばおごられ。
で、楽しいし周りにもそういう子たちが多いと、それで楽しいまま過ごしてしまうんです。
でも、そこでみんないうのが、30過ぎるとがらっと変わる、ということ。
もちろん元がモテているからまだまだモテてはいるんだけど、年下が多くなったり、年齢の割には精神年齢のわかめの人が来たりするようになるって。
同じ年か少し上くらいになると、もう家庭があったりパートナーがいたりするって。
それを聞いていると、若い時にすごくモテるっていうのも、自分の中でうまく見切りをつけないと難しいんだなあと思います。
そこまでモテない場合はないものねだりとか高望みってしない傾向が強いかもしれないですよね。
ほんと、人それぞれのしあわせのみつけかたって難しい。

うーん、何か忘れている気がしますが、もう思い出せない。
今年は後何本みられるかな~。
スポンサーサイト

映画
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。