2016

10.25

道半ばアレルギー対策② アレルギーのせいだったんだ!編

先日、アレルギー対策の記事をアップしたので、今回は、アレルギーがない日が増えて分かったアレルギーのせいだった不調編。
かなりの症状があるので、長いです。


まず、本当に最低でもこの10年はずっと悩んでいただるさ。
倦怠感、だるさ、とにかく、起きてはいられないのだけど、横になっていても体全体がとてもだるい。
これに関しては、ほかの症状で病院に行ったときに訴えたこともあるのですが、原因が特定できず、特に解決しませんでした。(ただ、甲状腺を疑って検査してくれた先生はいた。)
気持ちが怠けているから?気合が足りないから?ととても悩みました。
でも、アレルギー対策を始めて、このだるさはアレルギーのせいだったとようやく原因が分かりました。
食後30分くらいで出始めることが多く、だいたい2日くらい続きます。

そして、首の付け根から背中にかけての異常な寒気。(それに続く発熱)
これもアレルギー症状でした。
これも30分くらいで出始めて、そのあと2時間くらい続き、真夏でも布団をかぶっても寒いのですが、そのあとだいたい熱が出て汗だくになると収まります。
しかし、その後、翌朝起きるころにまた猛烈な寒気が出ます。
これは、ほぼ100パーセント、猛烈な眠気とセットです。
一度だけ、何を食べた後かは忘れてしまいましたが、一瞬意識を失っていたっぽいときもありました。

口の中の症状色々。
これは食べてすぐに出始めることが多いです。
まず内頬が痛くなり、その後、30分くらい舌が痛くなったり、味蕾が腫れ上がったりします。
同時に顔にぶつぶつが出ることも多いです。
これが出ちゃうと、ああ、明日の朝寒気がくるな、とがっかりします。
その後、耳の下あたりに激痛が出ることもあり。
ただ、これらの症状は翌日までは持ち越さないので、収まるのを待てば何とかなります。

胃腸症状。
えびはすぐに(30分後くらい)腹痛になって、これはだいたい一晩で収まるのですが、それ以外のアレルゲンだと、とにかく膨満感が激しくなります。
膨満感というか、実際に胃のあたりがかえるみたいに猛烈に膨れます。
なので、膨満感もさることながら、痛いし、起きているのはちょっと大変です。
食後から翌日までかなりの膨張は続きますが、もともと胃腸を悪くしたことがあるせいか症状はしつこめで、そのあと4日くらいは膨満感とか吐き気が続きます。
これはもともとの胃腸の状態のせいだと思っていたのですが、アレルギー対策を始めたら膨満感が収まってきたので、かなり楽になりました。

首の腫れと猛烈な頭痛と肩の痛み。
アレルギーで治って一番びっくりしたことです。
これは、4日後とかそれより後に来ることが多くて、最近やっと気が付きました。
普段から首は以前にも書いたように、付け根のあたりの骨が少しおかしくて、急な動きをすると固まったりとかはあったのですが、それとは別に、アレルギー症状が強く出た場合に限り、数日後に首が腫れて、同時に頭痛と肩の痛みが2時間くらい出ます。
時間的にも離れているし、あまりにも関係なさそうな症状だったので、アレルギーだったのか!と分かったときは結構驚きました。
弱いところに出やすいんですかね?

上の首の腫れが出るくらいのアレルギーだと、そのあとごそっと脱毛します。
これは、昔からどうも抗生物質を飲むとほかの副作用とともに、脱毛が激しくなることがあったので、なんとなくアレルギー症状だとは思っていたものです。
ただ、多少のアレルギーならここまでは出ません。

これは、今までに起こった回数も少なく、まだアレルギーを気にした後に発症していないので、関連がはっきりしていないのですが、まれに猛烈な腹痛と冷や汗の後に脳貧血っぽくなって倒れることがあったのですが、もしかすると、これもアレルギーのせいだった可能性も。

と、一つ一つだと何とかなりそうな症状が一気に襲ってくるので、アレルギーが出てしまったときは、ほんと、周りにも迷惑をかけてしまいました。
もう大人だし、食べるものは自分で作っているわけだし、本当にいかにアレルギーを抑えるかは自己管理、これにかかっていると思います。
自分の中では、そういった意味で、アレルギーは(私の場合は)病気ではなく、自ら避けようとすれば何とかなるもの(避けようもないアレルギーがある方はもちろん違いますが)、自己責任、という意識が強くなりました。
ただ、本当にエビ類が大好きだったので、3日犠牲にしてもエビを食べたい、とたまに考えてしまうこともあります。(実際は、3日も寝たきりになっていられないので、ぐっとこらえています。)

外食が限られてしまったことが面倒になりましたが、体調は比べ物にならないくらいよくなりました。
いろいろ検査して、それでも不調が残る場合は、食物アレルギーを疑ってみると(アナフィラキシーショックだけでない、弱いけど長く続く症状が出ることもあるので)、意外な解決になるかもしれない、という記事でした。
スポンサーサイト

健康
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL