--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2006

10.03

人生は、時々晴れ/All or Nothing

いい映画でした。
公式ホームページが見つからなかったので、一番分かりやすいのつけておきます。(ここ
4527427651999.jpg


たまたまテレビをつけたら始まった所で、夫と見ました。
夫にはちょっと希望がなくて暗すぎたらしいです。(笑)
なんと言うか、ああいう生活をしている人たちが自国にいることが容易に想像できるし、あまりにも何から何まで希望が持てなくて嫌だったらしいです。
私も、ああいう生活が想像つきますが、でも興味深く最後まで見ました。
夫が「暗すぎるーー」と御不満の中、涙が出てしまった私はばれないように必死でした。(笑)

なんていうか、ここまで希望がないなんてありえなそうなんですけど、結構いるんですよね。
特にローリーは、働きもせず、肥満気味で、タバコも吸う。
イギリスの問題児を体現しちゃったみたいな役です。
どの役も本当に現実味にあふれているんです、この映画。
したくない妊娠をしてしまう、男漁りにしか楽しみがない、アル中...
そんなことあるわけないじゃん~!と言うことがなくて、かといって、ありきたりでない。
私は非常に楽しみました。
スポンサーサイト

映画
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。