2006

10.31

ペンキ~♪

イギリスに行って、一番印象深かったのは、「ペンキを塗る」という行為が日常的であることでした。
壁であったり家具であったり、雰囲気を変えたいときに、割合ペンキを塗って色を変えることが普通なのです。
家具で言えば、新しいものを買わないあたりがなんだかイギリスらしい気もして、好きです。

それで、私も壁や家具を塗りましたよ、イギリスで。
で、だんだん色が変るとがらっと雰囲気が変ることが楽しくなってしまい、こまめに小さいチェストなんかは塗り替えたりしてしまいました。
色も、日本だったらベージュに落ち着きがちですが、イギリスではかなり強いレンガ色のような色を壁に塗ったり(これがいい!)、ライラック色でたんすを塗ったりとしているのを見ているうちに、色の冒険をすることもちょっと癖に...

さて、今は日本で家具も前に残してきたものを使っていますが、その中に一つ、非常に見た目が部屋にそぐわないものがあったのです。
それが、古い黒のキャスターつきのテレビ台。
今は移動できる棚として使っていたのだけど、黒いし、とても安っぽくてとにかく嫌だったんです。
で、思い立って塗っちゃいました。ペンキを買って。
CIMG1974.jpg

前だったら選ぶことのなかったローズ色ですが、部屋の他のものに割合しっくり合っていて、今は逆に目立たなくなって、溶け込んでいます。
ペンキ約500円で、すっかり雰囲気が変りました♪
ふふふ、日本でもこれはやめられないな♪
スポンサーサイト

家のこと
トラックバック(0)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

オオオォォォ!!(ノ゚□゚)ノすごいですねーwww
そういうのって楽しそうですねw
色ってけっこー奥深いですよね・・・
なんだかんだでけっこう雰囲気かわっちゃったりしますものねー(゚∀゚ノノ゙☆
リサイクル大賛成です(゚∀゚ノノ゙☆'`ィ

アイ:2006/11/03(金) 11:06:20 | URL | [編集]

アイさんこんにちわ~~♪

このペンキ、ごく普通の日曜大工やさんで買ったものなのですが、匂わないんですよ~!
かなり衝撃的でした。
他の物も塗りたくなっています。(笑)
実は壁を塗りたいのですが、果たして日本の壁を塗ってしまっていいものか疑問なので、踏みとどまってます。(笑)

さとこ<アイさん:2006/11/06(月) 12:45:30 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL