--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

04.07

Monty Pythonを見て、イギリス文化の深さを知る私。

モンティ・パイソン 人生狂騒曲 モンティ・パイソン 人生狂騒曲
グラハム・チャップマン (2000/09/29)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
この商品の詳細を見る


夫が結構コメディ好きなので、今までいくつかイギリスのコメディを見てきました。
で、大抵は面白くてすぐはまっているので、DVDも買って並んでいるものが多いのです。

しかし、今まで大抵のイギリス人が好きなように思える(夫も例外ではない)Monty Pythonをちゃんと見たことがなかったのです。
そこで、先日レンタルして見てみました。

はじめは一人で見たのですが、きゃ~~~、大変!
笑いどころがいまいち分からない。
単純にくだらないと笑うのか、深い意味がこめられているのか。
コメディのはずなのに、見方がまず分からない!(笑)

で、半分のところで(わざわざそう映画で教えてくれる)ひとまず、ポーズして、休憩…
後半を見始めたところで、夫も見始めました。(もう何度も見てるので、はじめはいい、と言っていたんです。)
そこで、基本的な質問をぶつけてみる私。
「…これは、単純にくだらないと思って笑っていいんですか?それとも、深い意味があるんですか?」
「単純にくだらないだけだよ。」

いや、これだけで急にコメディとして成立してる気がして、笑いすらこぼれてしまいましたよ、私。

しかし、単にくだらないだけと言うわりに、その後私に文化の差をはっと気がつかされる発言が…(夫と言う一人のイギリス人の意見なので、もちろん千差万別で、いろいろな見解があると思います。単なる見解のひとつに過ぎません~。)
それは、ズールー戦争を題材にしたエピソードを見てるときに起こりました。(そもそも、日本人にはこのズールー戦争というのも、史実でしかなく、イギリス人の抱く感情は私には理解できないでしょう。)

そこで、イギリス人の将校の片足が寝ている間に食べられている、と言う展開を見せるのです。
そして、まあ取り巻きの他の将校(仕官と言うのかな?)がそれについて話をするんですが。
夫いわく、こういう場面でイギリス人は、大きい出来事(=片足がないと言うこと)は過小に話し、小さい出来事(=蚊帳に穴が開いている)事は過大に話すんだそうで。
言われてみれば確かにそういう展開になっていて、それをくだらない設定で誇張することで、イギリス人はにやりとした笑いを禁じえないようです。

と言うことは、私が単にくだらないものとして見るMonty Pythonと、夫がイギリス人としてくだらないものとして見るMonty Pythonは、実は違うんですよね。
イギリス人の典型的な考え方とか行動があって、それを踏まえて誇張しているところは、私にはおそらく単なる会話にしか聞こえてこない。
私は本当に面白いところをおそらく半分くらいは見逃しているんだと思います。

後、この映画の中に、裸のお姉さん方に追いかけられて崖から死刑囚が落ちて死ぬ、と言う場面があるんです。(これ自体も相当くだらない発想ですよね。)
で、実はこの場面って、おととしあたりにイギリスで流行ったダンス系の曲のPVに再現されているんですよね~。
それでは、お姉さんたちはビキニをちゃんと着用しているのですが、その他ヘルメットをかぶってひざあてをしている所は一緒。
これも、私はそのダンス系のPVで見たのが初だったので、それを見てもなんとも思わないんです。
でも、イギリス人の多くはこの場面を見て、きっと、Monty Pythonじゃん!と思うんでしょうから、こんな所にも、すでに印象が違ってくるんですよね~。

と思ったら、変にあら~、夫ってイギリス人なのね~、とか普段全く思わないことを思ってしまいました。(笑)
やっぱり、文化のギャップってありますよね~。
夫が今の時期の日本人の桜への愛情を本当に理解するのは難しいように(確かに満開の桜は素晴らしいけれど、一回見れば次の桜もやっぱりピンク系統で同じだ~、と言ってました。爆)、お互いにやはり感じ方の違う文化のギャップっていうのは多いのかもしれません!
だって、今のポスカムのババンババンバンバン、ポスカム噛めよ。のCMの意味を夫に説明しても、私の懐かしい感情は夫には持てないですもんね~。(笑)

と、軽い気持ちで見たMonty Pythonが、夫の文化の意外な側面を見せてくれたのでした★
スポンサーサイト

イギリス
トラックバック(0)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

Monty Python The Meaning of Life 好きで、何度かこの映画を観ましたが、私もイギリス人が持つ感情と違った意味で楽しんでいたように思います^^;
人間の持つ欲望や愚かさや全ての感情が表されていて共感するところもあったり(笑)
それで段々と、人って可愛いものだな~って思えるようになった映画でした。
ズール戦争の見解、なるほど~ ですね。 確かにイギリス人って小さなことを過大に話す傾向が・・・

ところで! ポスカムのCMって「8時だよ 全員集合!」のエンディングのを使ってるんですか??
懐かしいですね~~~♪

maru:2007/04/09(月) 00:51:21 | URL | [編集]

私はLife of Brianが好きです。 最初に見たときはぜんぜんわからなかったんだけど(そのころアメリカに住んでたからか? 笑)、今ではお腹を抱えて笑うようになりました。

melocoton:2007/04/10(火) 18:01:22 | URL | [編集]

maruさん、こんばんは~~♪

コメディって、その国の文化が深く反映されるので、実は一番難しいのかもしれません~。

イギリス人って基本的にいい意味でも悪い意味でも一筋縄でいかないことが好きなような気がします…

そうなんです!
今、ポスカムの宣伝、8時だよ~、を使っているのですが、大人バージョンになっています。
ネットとかでも見られるのかな?全く違う感じなんだけど、分かる人には分かる!と言う感じでいいです♪

さとこ<maruさん:2007/04/11(水) 22:05:36 | URL | [編集]

melocotonさん、こんばんは~~♪

Life of Brianはまだ見たことがないです~。
数年前に、silly walkとかが入っていたDVDは見たのですが、それも単に動きを見て笑っていましたが、今見てみたら違う視点で見るのかな?と思っています。
melocotonさんは、日本もアメリカもイギリスも、現地の視点でコメディを見られるので、うらやましいです!

さとこ<melocotonさん:2007/04/11(水) 22:08:21 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。