2007

06.15

死因

おだんごをお医者様に引き取りに行って来ました。

先生が解剖をしてくださったのですが、原因は肝葉の捻転による肝臓破裂。
鼓腸症ではありませんでした。

うさぎさんには肝葉の捻転が起こりやすいんだそうです。
予防策もまだ分かっていならしく、残念ながらおだんごは突然死と言う形になってしまったようです。

ただ、目を離した隙に何か食べちゃったのか?と思っていたので、そういう飼い主のミスでなかったのが、せめてもの救いです。

獣医さんが火葬用の棺に入れてくださって、お花まで入れてくださいました。
帰ってきてから、お花とわらとご飯、それににんじんとバナナを入れました。

これから慈恵院が引き取りに来て下さるので、待っています。

今朝起きて喪失感が現実味を帯びて、あの臆病な足音とか、ひねり垂直とびを聞いたり見られないんだ、と実感しています。
スポンサーサイト

うさぎ
トラックバック(0)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

ここ開いたとたん・・
『えぇっ・・』って思わずパソコンに向かって声だしちゃいました。
アイも信じられません。
ここでしかおだんごちゃんのコトしりませんが・・
あんなに元気そうだったのに・・・号泣。
アイでもこんなショックなのでさとこさんのコト心配です。
さとこさん、ご自身の食事はおだんごちゃん&みるるちゃんのためにも。
あせらずゆっくり元気になってください。

アイ:2007/06/18(月) 10:57:25 | URL | [編集]

おだんごちゃんにまさかそんなことが起こっただなんて、
本当に驚き、そして悲しい気持ちでいっぱいです。
肝葉の捻転という言葉も初めて聞きました。
イギリスでずっと一緒だったおだんごちゃん。
日本に来て、みるるちゃんやさとこさんのご両親とも会って、
きっと楽しい生活だったと思います。
さとこさん、どうか元気になってください。

まゆら:2007/06/21(木) 00:48:06 | URL | [編集]

アイさん、こんにちは~~♪

本当に急逝してしまったので、本当にショックでした。
肝葉捻転は、一説によると、元気なうさぎさんがなりやすいと言うのもあるらしく、逆に言えばおだんごは健康で元気だったと言うことなのかもしれません。
みるるは変わらずのほほんとしてくれているおかげで、今はずいぶん回復しました。
ご心配頂き、ありがとうございます♪

さとこ<アイさん:2007/06/21(木) 14:43:49 | URL | [編集]

まゆらさん、こんにちは~~♪

肝葉の捻転と言うのは、解剖をしてみないと分からないので、実際に特定できるうさぎさんは少ないのだそうです。
元気な子がなりやすいと言う説もあるそうで、おだんごはすごく元気で健康な子だったから、それでかな?と思います。
でも、そうだとしたら、全く防ぎようがないわけだし、せめて健康で元気に世話をみられた事を前向きに考えたいと思っています。
イギリスで苦楽をともにしたし、飛行機まで一緒に乗ったので、この一週間はさすがにひどかったですが、今日は随分とやる気も出てきました。
ご心配頂き、ありがとうございます♪
みるるの目やにも取らないといけないし、もうくよくよしないようにしようと思います☆

さとこ<まゆらさん:2007/06/21(木) 14:47:47 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL