2007

11.25

クィーン

クィーン<スペシャルエディション>クィーン<スペシャルエディション>
(2007/10/24)
ヘレン・ミレン

商品詳細を見る

クィーンを見ました。
公式ホームページ

さすが。
見てよかったです。
演技はさすがだし、話もさすが。
もう、いろいろなところで、上手な方がレビューは書いておられると思うので、差し控えますが、お勧めです。

個人的な考え方はもちろんいろいろなので、うちの夫に限って言うと、王室、および女王には英国人としての特別な感情を抱いているみたいです。
日本人が天皇陛下に抱くそれとは少し違うんですよね。

そういうことを思いながら、この映画を見ましたが、女王へのなんという重圧!
神と国民に捧げる人生。
とてもじゃないけど、想像できるものではありません。

この映画を見て、印象が変わったのが、シェリー・ブレア。
もともと、好感は抱いてなかったのですが(嫌いでもなかったですが)、この映画見て、なんだか、失礼ながら私の抱いてるキャラクターと一致してしまって、そういう目で見てしまいそうです。
後は、フィリップ殿下。
イメージが全くわかない存在だったのですが、本当にあんなに保守的なのでしょうか?
王室の中の事は、本当には国民には分からないのでしょうが。

王室…
皇室…
夫と結婚するまでは、どちらも陛下がいると言う点で、似ていると思っていましたが、結婚してから、明らかにこの二つには大きな差があると感じています。
スポンサーサイト

映画
トラックバック(0)  コメント(3) 

Next |  Back

comments

私もこの映画観ました。
エリザベス女王の人生を描いているものなのかな~と思って観たので、
話の内容にドギマギ
「クィーンじゃなく、ブレア元首相の話?」って思ったりもしたけど(笑)

だけど、演技が凄く良かったですね!
国民には知られない王室の中やニュースの裏側、
クィーンの心の中が少しでも見れて良かったです。

さとこさんが抱いたシェリーさんの印象、私も同じです~!(笑)
彼女の性格が顔に現れているの かも しれませんよね。。。
フィリップ殿下は私もビックリしました!
全くと言ってよいほど分からない存在なので。。。
一緒に観た友達は、度が過ぎていると言ってたけど、どうなんでしょうね~

maru:2007/11/26(月) 02:10:04 | URL | [編集]

maruさん、こんばんは~~♪

とにもかくにも、シェリーさんの印象が…(笑)
おっしゃるとおり、まさに、顔にまさに性格が出ているのかも…
フィリップ殿下は、分からなかった存在だけに、あの印象がインプットされてしまいました。
ブレアさんのことを、チェシャーキャットとフィリップ殿下が言っていたのですが、本当にそんなこと言ったのだろうか…とか考えちゃいます。

最終的にはクィーンがやはり英国の絶対的な象徴として終わったと言う印象を受けました。

さとこ<maruさん:2007/11/27(火) 19:10:29 | URL | [編集]

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mipurofi/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

みんな の プロフィール:2007/11/30(金) 20:39:11 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL