--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

12.15

ガーデニングの敵たち

最近、冬用の植物を植えたり、球根を植えたりと、土を掘り返すことが多かったので、必然的にまた、根きり虫の幼虫(コガネムシの幼虫)と対面しました。

以下、虫系が嫌いな方はクリックなさらぬよう…
それで、根きり虫は当たり前のように出たのですが、数が少ないんです。
もしかすると、これは新製品のオルトランDXと、家庭園芸用サンケイダイアジノンを土に混ぜ込んでいたから?
春にやった時には、植物のない鉢にすら彼らがいたのですが、今回は、いかにもいそうなところにもほとんどいなかったのです。

しかし、土を作っているときに、見た事のない赤茶の蛹を発見。
明らかに嫌な感じがしたので、破棄しましたが、種類は突き止めたい。
で、検索。
はじめは、コガネムシの蛹かと思ったのだけど、コガネムシのそれは、足やら何やらかなりコガネムシに近い形で固まっています。(これを万が一掘り出してしまったら、悲鳴必至。)
検索を進めるうちに発見~。

根きり虫と並んで厄介な敵、ヨトウムシでした。
赤茶で、細長くころんとしています。
と言うことは、ヨトウムシも発生していたのか…

ガーデニングを始める前は、虫や芋虫の写真すら見ることができませんでしたが、仕方なしに植物を食べてしまう虫を検索しているうちに、免疫がついてきました。
くもはイギリスでくも恐怖症(アラクノフォビア)にかなり近い状態になってしまったため、写真も全く見れませんが、コガネムシとか、幼虫とか、ハモグリバエとか、テントウムシの幼虫とかは大丈夫になりました。

イギリスは特大ナメクジに悪戦苦闘したけど、日本では根きり虫やヨトウムシに悪戦苦闘。
ガーデニングは大変ですね~。
害虫と言えばそうだけど、それはガーデニングをしている視点で見るから害虫なんであって、害虫ではなく、敵と呼びたい?!(笑)
いろいろな敵が出ますが、基本的に苦手なため、写真には撮れません。
ヨトウの蛹、で検索すると多分写真が見つかると思います…
スポンサーサイト

家のこと
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。