2008

02.07

Blackwork(赤だけど)

ちょっと前から気になっていたBlackwork。
見た目は素敵だけど、キットを買って好きか分からないし、なんとなく眺めてました。

それが、今月号のCross Stitcherの付録についてきた小冊子に初心者向けのBlackworkが!
それだけではやり方がわからないので、ネットで検索を重ねて、double-running stitch(Holben stitch)でやることを突き止めて、刺し始めました。
Blackworkは、その名の通り元は黒い刺繍糸で刺した物で、イギリスで16世紀に発達した物だそうです。
当時はレースの税金が高く、それを逃れるために代用でBlackworkで袖口や襟を刺繍したんだそうです。
それで、チューダー朝の洋服では、袖口や襟などは裏からも見える所だったので裏から見えてもいいように、duble-running stitchで刺したんだそうです。

ということで、私の初Blackwork。
といいつつ、最近では赤なんかでもいいというので、練習だし一番在庫の多い赤で刺しました。
blackwork.jpg

Cross stiticher/Zoe Patching/Black Beauty

どうかなぁ。
クロスステッチより細かいのと、もうちょっと数学的なのとで(double-running stitchをするにあたり、行きと帰りの計算が必要。)、あまり刺さないかもしれません。
とてもきれいだからやりたいんだけど。
スポンサーサイト

クロスステッチ
トラックバック(0)  コメント(2) 

Next |  Back

comments

綺麗ですね~♪
Blackworkというの、初めて知りました。
ステッチも奥が深いですね。

下のうさぎとラッパ水仙の作品も、立体感があってとっても素敵ですね!!
優しい気持ちになれる^^
リネン、私も一度挑戦したんですけど、しっかりズレてしまいました。
まだまだ練習が必要です^^;
この作品、額に入ったら是非また見せてくださいね~☆

そうそう、今年は日本、とても寒い日が続いていますね。
イギリス、特にロンドンは本当に温かくて、今日はコートなくて良かったぐらいです。
不思議な気候。
5月頃にまた雹や雪が降ったりして。。。

maru:2008/02/09(土) 08:05:42 | URL | [編集]

maruさん、こんばんは~~♪

このステッチは、今は気にしなくてもいいのかもしれないけれど、裏もきれいに刺すのが歴史と読んでしまったので、緊張してしまいました。
でも、当然初めてなので、裏は表とは全然ちがっちゃいました。(笑)

水仙のは、正方形の額なので、まだ買っていなくて、シーズンが過ぎてしまいそうです。(><;

先日、ロンドンの気温が14度で、その時東京は10度なかったので、なんだか不思議な感じでした!
今年のイギリスはheatwave、到来するのでしょうか?

さとこ<maruさん:2008/02/10(日) 22:17:16 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL