--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

02.13

The Curious Incident of the Dog in the Night-time

The Curious Incident of the Dog in the Night-time (Vintage)The Curious Incident of the Dog in the Night-time (Vintage)
(2004/04/01)
Mark Haddon

商品詳細を見る

whitbread賞受賞作。

アスペルガー症候群のChristopherの目を通して語られていくミステリーです。
素晴らしい本でした。
世界が違って見えてきます。

数学と言う点で、博士の愛した数式を思い出したのですが、実は、私はあの本は感動せずに飛ばし読みで読んでしまったのですが、この本は全く違います。
語られる視点がChristopherだからか、馴染みのない数式が出てきても、邪魔にならないんですよね。
そこで読む手が止まる事はない。
なので、数学が苦手でも問題はないと思います。
むしろ、興味深く読んでいたりして、二冊の差を感じました。(個人的な感想です。)

アスペルガー症候群は、以前イギリスでドキュメンタリーを見たことがあって、彼らの見る世界を映像化していたりして、その世界をChristopherがまさに生きているので、なんとなく想像しやすかったです。
長い話ではないのだけど、話は単なる犬を殺した犯人探しよりずっと深いです。
スポンサーサイト


トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。