2008

05.18

ヴァン・ヘルシング



好きなテーマなのに、どうも今まで見るチャンスがなかった映画。
ヴァン・ヘルシングを知らなかった私。(ヴァン・ヘルシング)

ホラーは駄目なんだけど、ブレードやインタビュー・ウィズ・バンパイアなんかは好きで、この映画もちょっと期待していました。
結果、おいしいものをつめた太巻きなんだけど、わさびが足りないか、酢飯の砂糖が多すぎた、と言う感じでしょうか。
オープニングの感じは好きだったのですが、実際のヴァン・ヘルシングの場面になったら、ちょっと怖さが半減?
スパイダーマンとマスクオブゾロのエッセンスを感じました。

最近気がついたのですが、私のアクションに対するストライクゾーンってすごく狭いんです。
例えば、ロードオブザリングスの戦闘シーンは好きだけど、ナルニア物語のは少し物足りないと感じる。
レザボア・ドッグスはすっごい好きなんだけど、ベティ・サイズモアの頭皮がずるっとなるところは、駄目。
撃ち合いのシーンが好きなんだけど、全く血が出なくても嫌だし、内臓が出ちゃったりすると嫌。

なので、なかなかこれぞ!と思うアクションには出会えないのですねー。
スポンサーサイト

映画
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL