--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

02.14

The CHURCH OF DEAD GIRLS

The Church of Dead GirlsThe Church of Dead Girls
(1998/10/29)
Stephen Dobyns

商品詳細を見る


ダヴィンチコードに続き、すっごく面白かったミステリーです。
自分では絶対買わないと思うのだけど、友達がかしてくれて、読み始めたら止まらない!
SLAMを読んでいたんだけど、もう時間があればこれを読みたくて、一気に読み終わりました。

一番初めに衝撃的な事件現場が出てくるので、読んでいるとその事件現場がどこで起こるのかとどきどきしてくるのです。

ダヴィンチコードよりもっと心理的に迫ってくるミステリーで、金田一耕介のような感じです。
だんだん追い詰められていって、読んでいるときに眉間にしわがよったりしました。(笑)

ダヴィンチコードに似ていて、一章がすごく短いので、10分あったら一章読みすすめると言う感じで、常に手元にある感じでした。
こういう本を読むと、ページをめくるときの興奮があって、やっぱり紙の本で読みたいなぁと思います。
スポンサーサイト


トラックバック(0)  コメント(1) 

Next |  Back

comments

このコメントは管理人のみ閲覧できます

-:2009/02/15(日) 18:42:14 | | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。