--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2009

07.22

うそうそ

うそうそ (新潮文庫 は 37-5)うそうそ (新潮文庫 は 37-5)
(2008/11/27)
畠中 恵

商品詳細を見る


大変面白かった!
しゃばけ以来の長編ですが、やはり長編が好き。

もう一冊読んでいるのですが、しゃばけをちょっとのぞいたら、止まらなくなって、結局2日で読み終わりました。

鳴屋は相変わらずかわいいし、やはり長編だから、登場人物もどんどん愛着がわきます。
日本の魑魅魍魎はなかなかに奥深い。
昔から好きなんですよー。
怖いもの嫌いなんだけど、ろくろっ首とか。

チーム・バチスタの栄光に何気なく手法が似ているんですよね。
若だんながいまいち外に出られず、疎いことが多いので、その視点で、今ではなくなった風習なんかをさらっと説明してしまう。
だけど、ぜ~んぜん説明っぽくなくって、さすがです。

早く次回の長編が読みたいです!

魑魅魍魎関係で急に思い出したのが、お岩さん。
今はレンタルできるのか分かりませんが、高岡早紀の忠臣蔵外伝 四谷怪談が面白かったです。

スポンサーサイト


トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。