2009

10.26

ブランコのむこうで/星 新一



星 新一はYom Yomで初めて知って、衝撃を受け、その後偶然NHKの深夜にアニメを見て、これは読まないと、と思った人でした。

とにかく日本作家をなかなか読まないので、こういう機会は貴重なので、すぐ購入。

上記の作品はすべてショートショートだったのですが、それまでショートショートが苦手だった私が、すっごく面白かったのです。

この本は、ショートショートではないのですが、あっという間に読み終わりました。

本を読むとき、映画同様、自分のできない経験を疑似体験するのが好きなのですが、この本はもちろん疑似体験なのだけど、それでも近い感じがして、不思議な感じでした。

物語の端々に少し余裕が残されていて、自分で想像できる印象を受けました。
だから、読んだ人によってすごく印象が違う本なのではないかな。

この後も連続して買ってあるので、読みます。

ところで、私って、太鼓やお祭りなどで、感動してなぜだか自分の意思と関係なく、涙が出そうになる感覚があるんです。

でも、今までそれをどうしても説明できなかったのですが、この本に思いがけずぴたりと説明してくれている文があったのです。
感動でした。
このフレーズを知らせてくれるために、星 新一という作家を私に知らせてくれたのかもしれないです。

以下引用
”お祭りの音楽って、妙な気持ちにさせられるものだな。どこか悲しいところもある。うきうきさせられるんだけど、胸の奥がじいんとしてもくるんだ。笑いすぎたときに出てくる涙みたいだよ。おかしくておかしくて出てきた涙なのに、ほっぺたがそれでぬれると、ふっとひとりぽっちのような気分になり、そっとなめてみると塩からかったりして……。”
スポンサーサイト


トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL