2010

03.09

またもやぎりぎり!

咳は年末から続いていた感じだったのですが、あまり深い感じではないし、息が苦しい感じもしないし、何となく病院に行きそびれていました。

ところが、先日B'zのライブに行って、お土産に風邪をもらってきたら、熱が上がったり下がったりで4日も治らない。
予定もキャンセルしないといけなくなったし、さすがに今日病院に行ってきました。

咳が続くと言うことで、やはり結核の可能性も排除しないといけないということでレントゲンに…

結果、肺炎のほんとに一歩手前でした…
レントゲンを見せてもらいながら説明を聞いたのですが、肺の下の方がやや白い。
先生曰く、肺が苦しそうだね。と。
もうちっと早く来てね、と言われました。
はい、本当にそう思います…

危なかった。
気管支炎の重いのと肺炎では差が大きい…

抗生物質と咳止めを頂いてきました。

花粉症やらイネ科のアレルギーやらもあるので、アレルギーのお薬も…(アレルギーも気管支にいくないそうで。そして、何気にチモシーはイネ科なんです。)

先生に聞いたら、やっぱり空気清浄機は私みたいにいろいろアレルギーの元がある人は使った方がいいらしいです。(イネ科がダントツなのですが、ダストもカビも花粉もある…)
今ダスキンのものをレンタルしているのですが、寝る時はほぼ枕元においています。
あまり鼻がつまることがないのです。

いつも一歩遅いけど、ぎりぎりのところで診察やら夜間救急に行く私。
すると大概、思いのほか大変なことになっていて、ある意味最近では、私が病院に行った方がいいかも、とか、ちょっと朝まで待たない方がいいかも、というのは、ぎりぎりかも、というサインにもなってしまっています…
自然治癒力をあまり信じないで、やはり素人判断はしてはいけないとまた肝に銘じた私なのでした。

ほんと、体が資本。もう少し自覚を持たねば、です。
スポンサーサイト

健康
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL