--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2005

07.14

三輪明宏さんの本を読んで

今また三輪明宏さんの人生ノートと言う本を読んでいます。
読むのは二度目なのですが、いろいろ乗り越えた今読むと、すっすと心に入っていく御話ばかり。

本に関しては読み終わってから別に書こうと思うのですが、今日読んだ中に、「自分が死んだら何人の人が泣くか。」と言うお話があって、かなり考えちゃったわけです。
泣いてくれないだろうというう人には、自分が自分本位の振る舞いをしているというわけなのですが、納得です。
私も家族、親戚、友人、などと考えてみましたが、ちょっと意外な自分の気持ちに気が付いたりします。

それで、今日、この日記を書いているのにはもうひとつ理由があって、それは、上記のことを反対にしてみたら、なんだかすごく興味深いことを発見したからなのです。

反対にしてみたというのは、「あの人がもし死んでしまったら自分は泣くだろうか。」と言うことなのです。
それで、意外な人達に対して、自分がもしかしたら泣かないのではないかな、と思ったのです。
それが結構意外だったんです。
心の奥ではこの人のことそう思ってたんだな~って。
ちょっと、ドキッとしたのも事実です。
冷たい人間なのかも?と。
でも、考えてみると、自分の中でそういう冷静な感情を持つまでに、その人たちとの付き合いの仲で、私が受け入れられなかったり、私をすごく傷つけることを言っていたり(本人は気が付いてないと思うけど。)、自己防衛で心の中で距離をとっているのかもしれません。
逆に言えば、私と付き合いがある人の中にそう思う人もいるということ。

昔はそういうことにとても悩んだけど、今は幸せなことに、家族、友人に恵まれ、今の環境を幸せだと受け入れられます。

もちろん、実際そういう状況になったら自分が泣くかどうかなんて、分からないと思うけど、今現在の自分でもしと言う仮定として考えてみると、自分でも気が付かなかった自分の心が少し見えたりするかもしれません。

スポンサーサイト


トラックバック(0)  コメント(5) 

Next |  Back

comments

むむむ~(*´д`*)
深い話だ。

うちもそれはたまに考えたことありますが、
最近、あの人がしんでしまったら~
なんて考えるだけで泣きそうになるわけです。
多分死に近い経験をしたからでしょうか??
どうも最近涙腺が弱くなったらしく…
すぐ泣いちゃいます。

というか最近…誰かに死にたい。とか言われたり、ブログでリスカットしてるって言ってる人がいたりしたら真剣泣いてしまう自分がいて…
へんなのとか思うかもですがやっぱ
悲しいですよーうち。
確かに、あの人が死んでも泣けないな~なんて人もいると思いますがね、
実際死んでしまった時に、泣いてくれる人の方が多いと思いますだ(;つД`)
うちはそれが大事なのかなと思いました。
世の中死んでいい命なんてないと思うんですだ。
って…
むむむ…何言ってるのか話がずれてるな、うち。。。
こんなの偽善にすぎないのかしら…。
ごめんなさい!!!
死に対しては敏感です!!
でも、さとこさんが言ってるのもよくわかりますよー!!
そういう考えを持つってことも大事ですよねぇ~(*ノД`)ノ
現実をちゃんと見てますもの!!
うちももう一回ちゃんと考え直してみますです!!

いや~こりゃ貴重なエントリーでした(*`Å´*)
ありがとうございます!!!

ドメッチ:2005/07/14(木) 06:53:19 | URL | [編集]

あぁ…さっきのコメントほんとわけ分からんことかいてますね…
ごめんなさいね??( ´Д`)
主旨かわってるって感じですし、しばいたってくんさい!!!!(;つД`)

ドメッチ:2005/07/14(木) 07:00:07 | URL | [編集]

おぉ、真剣なコメントありがとう!

このエントリーで書いたことは、理性、頭で考えてることだね。
私は実際は道端に小鳥が死んでても泣いてるようなどうしようもない人だから、実際にそういう状況になったら、泣いちゃう可能性大だけどね。

ドメッチも死に近い経験をしたのね!
私も、突如ICUに数日はいることになって、さまよったけど、あれでなんていうか、考え方が変わったよ。
あのまま目が覚めなかったことも大いにあったわけで、そしたら、人生なんてあっけなく終わっちゃうんだ、と気が付いて、なんとか無駄にしないよう、親孝行できるよう心がけてます。(って、書くのは簡単、やるのは大変。)
しか~も、ドメッチが書いてたから言っちゃうと、リスカもしてたこともあるし、なかなかに波乱含みのここまでの人生です。

と、これは心で思う話で、今日のエントリーはね、自分が死んだときに人に惜しまれるような存在になれるよう、人には優しくという話でした。(死んだらというのは例えで、どうやってこれから生きていくかと言うことね。)

コメントホンとありがとう!

さとこ<ドメッチ:2005/07/14(木) 07:16:39 | URL | [編集]

遅くなってごめんなさい!!!
さとこさんリストカットしてたのですねぇ??
ごめんなさいね、痛いとこをついたのでは??
でも、うちが思うのは今現在はしてないことが大事だと思います。
多分あれってしてる人多いと思うんですよー。
でも、昔してたけど、今はそれはしてない、改めた。という気持ちをもった人はホントに凄いえらいな、なんて思います。
弱いとこから強いとこに抜け出せたんですもの。
なので余計なことを書きましたがそれだけ言いたくなりました(●´Д`●)
さとこさんが小鳥でなくということなら、きっとさとこさんは本当に心の優しい人ですよ!!!
うちさすがに小鳥では泣けないかも??
なんて思っちゃいました(´Д`)
きっと、本当に優しい人だからこそこういう考えをもってブログに書かれたのじゃないかすら??
なんて思いましたもの!!!

うちは、骨肉腫ですからほっておいたら死んでたって感じなので
さとこさんみたいにホントにICUまで行くような死に近い経験はしたことはなかったのですがね??
ホントに一回自分の身がキケンになったりするとこういうことに敏感になりますよねぇー
うちも、やっぱ親孝行ちょっとずつしないといけないな~と思いました♪
でも、実際するのって難しいですよねぇ(笑)
でも、親にとったらさとこさんが今生きてくれてることが親孝行かもしれないですよね(●´Д`●)

自分が死んだときにヒトに惜しまれるような存在になれるよう人には優しく、いい言葉ですねぇ!!!
うちもそれを目指して生きていきたいと思います!!!
ホント考えさせられることだらけで参考になりますよー(*´エ`*)
ありがとうございます!!!

またわけのわからんここ書きましたが、毎度なので許してくださいね??(*´0`*)

ドメッチ:2005/07/17(日) 18:51:56 | URL | [編集]

<ドメッチ

リストカットはね、もうすっかり平気よ~。
言われてももう気にならない。
私がしだしたときって、情報も全くないのに、体が勝手にやって、後々リストカットと言う行動だと知ったんだよね~。
不思議だよね。
で、あれってそうすることによって脳内から何とかと言う物質が放出されてストレスが和らぐという行動らしいです。(読んだけど、もう物質名とかはすっかり忘れてしまったけど。)
なんで無理にとめるだけでは意味がないらしいよ!
私なんてさ、その当時の彼氏に「注意を向けたいからやってるだけなんでしょ。」みたいなことを言われて、それずっと心に残っちゃってます。
それだけで体傷つけませんから!みたいなね。

私ね、小さいときにゴジラの映画見て(日本版ね、もち)号泣して親にびっくりされた涙腺ゆるゆるの子です。(笑)
映画でも何でも泣いてばっかりで恥ずかしいのよ~。

やっぱり、人に愛されるには自分がその人に優しくないとね!
なかなかできたもんじゃないけど、心がけて生きたいものです。

このエントリーにコメントくれて本当にありがとう~!
本当に、親孝行を。(笑)

さとこ<ドメッチ:2005/07/17(日) 20:39:03 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。