2010

05.03

frozen time/ cashback



う~ん。。。

だめだった映画。
みている間も、creepy!と感じてどうも。
実際に時を止めているわけじゃなく、Benの妄想らしいのですが、芸術に関係すれば妄想の中で買い物に来ている女性を脱がせてスケッチしてもいいのか。。。
実際に周りにこういう人がいたら嫌です。

ただこの映画、どこで見ても評価がかなりいいんですよね。
ということは、大半はロマンチックと思っているか、最低でも、これを気持ち悪いと思っていないというわけで。
うう~~~ん。

ところで、これ、原題はcashbackと言います。
映画の中でもSharonがcashback?と聞いているところを苦肉の策で、「お支払いは?」としていました。
こういうのを見ると、ほんとに映画の翻訳って難しいと思います。
cashbackというシステム、日本にはないですもんね。
cashbackはざっくり言って、デビットカードで支払いをすると、クレジットカードとは違うので、デビットカードの発行元の銀行から、レジで現金をついでに引き出せるという物です。
私も良く、20ポンドとか出してました。

日本ではデビットカードより、当然、ポイントの付くクレジットか、Edyなどが浸透しているので、このシステムが浸透することはないと思いますが。
そもそもATMがどこにでもあるので、ああ、銀行にわざわざ行かないと、という感じにならないし。

そういえば、明らかにSainbury'sが使われていましたが、こういうとこでついでに宣伝しちゃえって言う考え、日本のスーパーにはあまりなさそう。
だって、店員があんなだったら嫌です。(笑)
スポンサーサイト

映画
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL